天使からの贈り物 2

私は数日前にこんな夢を見た。

私の目の前に天使が現れ その天使はルカと名乗り
こう私に話しかけた「あなたの前世の一つですが、
イエスキリストによって選ばれた 十二使徒のそのまた弟子であったことがあります。
あなたは キリストの無償の愛を伝える為に生まれてきました。
何も恐れなくていいのです 何故ならあなたは もう裏切られることも
一人になることもありません  」
私はそう聞いて、夢の中で泣いた。 キリストの受難を思って 「何の希望もない・・・」と
言って泣いていた。
だけどふっと キリストを愛しむ聖母マリアのやさしいまなざしが見えた気がして 
「ただそこにあるのは愛だけ・・・」だ と、
言い終わるか終わらないかのうちにルカの姿は光になり
「そうです そこにはただ愛があるだけです。あなたはそのしるしを見つけるでしょう・・・」という言葉を残して消えてしまった。
目が覚めた私の目は涙で濡れていた。

そして私は、そのしるしと出会う為にここへ来たのだと後で知った。

店内の中を繰り返し流れるその歌声は英語なので 最初は意味がわからなかった。
オーナーが「これは古い短い詩を歌ったものですが、 聞く人を癒し場の浄化にも良いと
評判がいいのですが 残念ながら廃盤で うちにもこのサンプルしかなく 
おそらくもう手に入らないでしょう」と・・・
え~っ~・・・そう言われるとマスマス欲しくなるんですけど・・・
仕方なく他のCDを試聴させて頂いたが あの曲が心から離れない・・・
それをオーナーが感じとってくださったのか、「うちで何度も聞いていますが、もしよろしかったらお譲りしますよ」と言ってくださった。
「ホントですかぁ?!いや~ん うれしいわ!」と言う私に CDケースに入った歌詞カードを出してくれようとした時
私は、それを見る前にそのジャケットが天使だとわかった。「やっぱり・・・!」
a0127680_155026.jpg

つづく。。。 )


[PR]
# by myu-muguet | 2010-07-31 01:59 | 暮らし 日々のこと

天使からの贈り物

気が付いたらもう7月も終わり!
やる事 考える事がいっぱい 余裕がない!!!

夜は疲れ過ぎて お風呂に入るのがやっとで
ベットまでたどり着けず 何度ソファーで朝を迎えたことか。。。

そんな訳で体調も優れず とうとう頭痛でダウン 
でも休むことも出来ず めったに飲まない薬に頼ってしまった。

夏生まれなのに(関係ないが)こんな事では夏を乗り切れない!
リセットしなければと! 以前よく行った ヒーリングショップに出掛けてみた。

ショップに一歩入ると 空気が違うのがわかる。
まるで高原の中にいるような静けさと清々しさに 自分の身体の感覚が
戻ってくるのを感じる。
今の私にとって必要なものはあるかしらと 店内をゆっくりと歩くと
やさしくほほえむマリア様に目が留まり 私もほほえみ軽く手を合わせた。
a0127680_14312688.jpg

クリスタル ヒーリングエッセンス フラワーレメディーと 気になるものを
手に取り説明書を読みはするが 先ずは感じてみる。

一通り見て周ったけど 今回は残念ながら 自分に響くものに出会えなかったなぁ....
 でも....ちょっと待って?!どうして?
私は今までの肩の重さと頭痛が無くなっているのに気が付いた。

すごい!!!不思議だけど ホントに体が軽い!なんで?
浄化に使うつもりで手にしたホワイトセージしか今持っていないのに
焚く前に癒されてしまったの?
違う! ショップに入った時から繰り返し流れているこの音楽のせいだわ。
他にほしいものが無いのに帰れない帰りたくないのは まるで風のように心地よく
私の身体と心の隅々にまで行き渡る この澄んだ歌声のせい.....間違いない!
だから私はここへ来たんだわ。。。

つづく。。。)


[PR]
# by myu-muguet | 2010-07-26 14:34 | 暮らし 日々のこと

七夕の夜空に

七夕の前日 娘と二人でたわいもない話しをしながら、
願いを込めて書いた短冊を笹に飾った。
なのに当日、日が暮れてから降り出した雨に、
「いつもそう…意地悪だなぁ…」とつぶやいてしまう自分に笑ってしまう。。。
だって、雨が降ると天の川の水かさが増して織り姫と彦星が川を渡れない…そう思っていた幼い頃 。
今はそれが神話だと知っているのに、その頃に抱いた感情はそうそう変わらないんだなぁと思う。

昼間、街ですれ違った女性二人のうちの一人が「今日は七夕なのにあなた可哀相だね~彦星に会えなくて」
という会話が耳に留まり くすっと笑ってしまう。
今日は恋人達の日でもあるんだわ。。。私はそんなことを思いながら ふとツインソウルの事を思った。


a0127680_1537102.jpg



「誰にとっても、誰か特別な人がいる。
(中略)
その人は別の時代からやってくる
時間の海を越え 天の次元の深みからあなたと
再び一緒になるためにやってくるのだ。
その人はあちら側の世界 天国からやってくる。
そして違った姿をしている。
しかし あなたは心で見分けることができる。
「私はあなたを知らない」とあなたの頭は抵抗するかもしれない。
でもあなたの心は覚えている。
その人があなたの手を初めてとった時 彼の手の感触は時空を越えて、
あなたの存在のすべての原子をゆさぶる。」
(前世療法で有名な精神科医ブライアン・L・ワイス博士の著書「魂の伴侶」の中から)

魂は元は男性性と女性性とで一つに結合されたものだったそう。
それがお互いの成長の為あえて離ればなれになった 
何世紀も旅をして又必ず再び出会うと約束をして。


私は、星の見えない夜空を見上げ、
織り姫と彦星 そしてツインソウルを重ね合わせていた。

魂の片割れ 片方の翼  ツインソウル…。


[PR]
# by myu-muguet | 2010-07-14 15:41 | 暮らし 日々のこと

7月レッスンのご案内


「遠い夏の日の想い出。。。約束」

子供の頃 夏になると必ず長期で訪れた妙高高原。
父と母が雪のゲレンデで初めて出会い結婚の約束をした場所なのです。

夏の間 ゲレンデは見渡す限り シロツメ草のジュータンで
私たち姉妹は 涼しい高原で一日花を摘んだり
四葉のクローバーを探して遊びました。
小さな妹にせがまれて シロツメ草で花飾りを幾つも幾つも編んだものでした。

遠い昔の夏の日を思い出して そっと頭にのせた花冠 をイメージして
アレンジを作ってみました。

吊り下げて飾っていただけたら みなさまそれぞれの思い出が
走馬灯のように蘇るかも知れませんね。。。

シロツメ草の花言葉 「約束」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<7月レッスンのご案内>
a0127680_23355620.jpg


●muguet(ミュゲ)レッスン●
横浜市大倉山(詳しくはメールでお知らせいたします。)

日時:7/2(金)3(土)6(火)9(金)10(土)14(水)16(金)17(土)
    20(火)21(水)23(金)24(土)27(火)28(水)30(金)31(土)

時間:10:00~ 2時間半

レッスン費:花材込み ¥3,200


●カフェ&ギャラリービリーブ レッスン●

日時:7月(上記日程でご都合の合う日をお問い合わせ下さい)
時間 10:00~4:30の間で2時間半

レッスン費:花材込み お茶とスイーツ付き ¥4,200
           

●カフェ&ギャラリー Believe(定休日第2.4月曜日・不定休あり)●

東京都目黒区緑ヶ丘2-16-10
℡03-3724-8607

自由が丘南口から4分。
自由が丘スイーツフォレストの少し先です。
    

●手作りケーキとハーブとコーヒーのお店 ザ・スタチュウ・オブ・リバティ レッスン●

the statue of liberty(定休日水・日曜日)
横浜市港北区大曽根2-26-15-101
℡045-531-1469
東横線綱島駅から徒歩15分(場所が分かりにくいのでお気軽にお電話ください)

日時:7月(上記日程でご都合の合う日をお問い合わせ下さい)
 
レッン費:花材込み お茶付き ¥3,525


*持ち物*
:お持ち帰り袋・グルーガン(無い方はお貸し致します。ステックのり代だけ頂きます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスンのお申し込み お問い合わせ ご質問等は
メールにてお受けしています。
myu-muguet☆excite.co.jp
yuka.mikaera☆softbank.ne.jp
(☆を@に変えてメールを下さい。)


[PR]
# by myu-muguet | 2010-06-27 23:38 | ドライフラワー/プリザ教室

彼の背中

彼は16歳 私の息子

この頃彼の後ろ姿を何気なく見ていると本当に私が産み育てたのかと思う時がある。
もしかしたらどこか他の惑星から来た人と入れ変わったのではないかと思う事がある。

いつの間にか私の手を離れ もう自分の足で歩き始めている。
そんなに急がなくてもいいのに…。

あなたがかわいい盛り、母は心身共にバランスを崩し、たくさん我慢をさせてしまったね…。
同じ世代の子よりいつも大人びて見られるあなた。

考えることも話すことも時折 私達大人が考えさせられた。
でも、ひとの想いがわかる優しいひとに育ってくれたね。

母は子育てに関して他のところは自信がないけど、そこだけは手を抜かなかったと思うよ。


その彼には今、大切なひとがいる。
「僕は大きくなったらママと結婚するからね!」と言っていたのにあっさり振られてしまった。

そのお嬢さんは 本当に心洗われるようなひと
私の好きな笹百合の花のような雰囲気をもったひと。
ご両親が大事に大事にお育てになったことがわかる。
そのお嬢さんと私は、時々女同士の内緒のメールをする♪


子供を産み育てるということは、未熟な私にとって本当に大変なこと。
だから それこそ手探りでいつもいっぱいいっぱいになりながら一緒にここまできたと思う。
でも…まだ終わりじゃない…もうひとり大変なのが残ってる!
うちのお嬢さま これが 存在感あるある!
本当にかわいいのだけど、まあ~母に対して手厳しい。
あなたにはいつも驚かされます。お願だから お手柔らかに~
「私はパパと結婚してずーっとここで暮らすからね~!」なんて主人を喜ばせているが、
娘に彼氏が出来たときの主人を思うと…オキノドク


愛してる。。。普段は口に出して伝えないけど。
日本人はとくにそう。。。
妹が亡くなる前にも自分が後悔しないようにと、どれだけこの言葉を口に出して伝え続けたことか。。。

だから今度は自分の為じゃなくあなたたちに届くよう伝えるよ

あなたたちのシアワセを祈ってる

あなたたちに関わる全てのひとのシアワセを願ってるから

そして今日も母はせっせとあなたたちのお弁当を作る。。。

a0127680_20394554.jpg

我が家のリビングから見た初夏の朝焼け



[PR]
# by myu-muguet | 2010-06-24 20:43 | 暮らし 日々のこと